全国瞬時警報システム


ページ番号 C1001388 更新日  平成29年12月18日


緊急地震速報の放送基準の変更

 茅ヶ崎市の防災行政用無線においては、緊急地震速報により震度4以上の地震が発生する恐れがあるときに、自動的に各スピーカーから放送を行うシステムを導入し、運用しておりましたが、自動放送の基準を震度4以上から震度5弱以上に変更いたしました。
 これは、東日本大震災以降、緊急地震速報が適切に発表できていない事例が生じているため消防庁の指導によるものです。
 この変更により、緊急地震速報が自動放送された後、茅ヶ崎市に地震が発生しないといった状態が改善されます。また、テレビや携帯電話のエリアメールは、緊急地震速報が震度4以上で発表されるため、基準が異なることを理由として防災行政用無線が自動放送されないことがあります。
 今後、緊急地震速報の安定化や発表基準の統一が図られた際は、あらためてお知らせします。

 

全国瞬時警報システムの運用について

 茅ヶ崎市では、国が発信する緊急情報を自動で防災行政用無線で放送する全国瞬時警報システム、通称JーALERT(ジェイ・アラート)の運用を平成21年8月3日より開始しました。
 地震などの災害時には、いち早く情報を得て、わずかな時間で身を守る行動をとることが重要です。このシステムにより、みなさんへ今まで以上に早く緊急情報を提供できます。放送される緊急情報を基に、被害を最小限に抑えるよう、万が一の対応にお役立てください。

システム概要

 全国瞬時警報システムは、国が発信する緊急地震速報や弾道ミサイル情報などの緊急情報を、通信衛星を経由し、市役所屋上のアンテナで受信します。その後、直ちに自動で防災行政用無線が起動し、市内全域にサイレンや音声放送で緊急情報をお伝えします。人の手を介する時間がなくなったことで、瞬時に伝達できるようになりました。

[画像]こちらの図は、全国瞬時警報システムの仕組みを表しています。(43.7KB)

お知らせする情報

緊急情報を受信すると、該当するサイレンやチャイムが鳴り、放送内容の項目が放送されます。

緊急地震速報

震度5弱以上の地震に対し放送します。

津波警報(大津波)

津波警報

津波注意報

 平成23年2月1日より、自動放送から手動放送に切り替わりました。
 相模湾への津波の影響について情報を収集し、本市に危険があると
判断した場合は、職員による音声放送を行います。

東海地震予知情報

弾道ミサイル情報

航空攻撃情報

ゲリラ・特殊部隊攻撃情報

大規模テロ情報

自動放送を聞いたら

 このシステムは、24時間いつでも自動的に放送するため、深夜でも放送されます。時間的ロスを短縮したシステムであることをご理解いただき、みなさんは、放送を聞いたらまず、身の安全を確保してください。テレビ・ラジオの情報に注意し、落ち着いて行動してください。

メール配信で緊急地震速報をキャッチ!

 市では、防災行政用無線の放送内容を、携帯電話やパソコンに配信する「ちがさきメール配信サービス」を実施しています。
 メールアドレスを登録するだけでご利用いただくことができます。全国瞬時警報システムの運用開始に伴い、別表の緊急情報も受信できますのでぜひご利用ください。
 詳しくは、茅ヶ崎市公式ホームページの「ちがさきメール配信サービス」をご覧ください。

(注)配信項目の「防災行政無線の放送(災害時の放送)」を既に登録済みの方は、再度登録する必要はありません。 

関連リンク


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版をご覧ください。


このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
電話:0467-82-1111


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(c) Chigasaki City. All rights reserved.