不法投棄の防止について


ページ番号 C1003266 更新日  平成26年10月20日


市内の不法投棄

 茅ヶ崎市は、恵まれた自然環境の中で発展してきました。美しい海と緑豊かな丘陵地は、市民にとっての誇りであり、茅ヶ崎市を訪れる人たちの憧れでもあります。しかし、一部の心ない人による不法投棄は依然としてなくならず、せっかくの美しい景観は損なわれ、茅ヶ崎市の財産である自然環境を破壊してしまいます。茅ヶ崎市の生活環境や美観を守っていくため、市民のみなさんと行政が一体となって、不法投棄の撲滅に取り組みましょう。

不法投棄は犯罪です

きちんと分別してごみ集積場所に出せば適切に処理できるごみも、安易な気持ちで投棄すると重大な犯罪になります。法律でも重い罰則が定められていますので、身勝手な投棄は絶対にしないでください。

不法投棄に対する罰則

5年以下の懲役もしくは一千万円以下の罰金(『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』)

不法投棄を発見したら

[画像]不法投棄現場での調査(82.8KB)

不法投棄の撲滅には、市民のみなさんひとりひとりの監視の目が必要です。不法投棄の現場を発見した場合は、環境事業センターまたは警察へ通報してください。みなさんからの通報によって、不法投棄を早期に発見し、素早い対策をおこなうことができます。ご協力をお願いします。

不法投棄されない環境づくり

「柵がない」、「草刈りがされていない」など、管理が行き届いていない土地にはごみを投棄されやすくなります。所有する土地の除草や樹木のせん定、柵の設置などは有効な防止対策となりますので、実施をお願いします。

私有地に不法投棄された場合

原則として、投棄物は土地の所有者(管理者)が処理をすることになります。投棄物を処理するための費用は所有者の負担になりますので、未然防止のための環境づくりにご協力をお願いします。

不法投棄に対する市の取り組み

毎日のパトロール

[画像]不法投棄防止パトロール車(83.8KB)

不法投棄防止パトロール車による日中の市内パトロールのほか、夜間パトロールや、県との合同パトロールなどを実施しています。
不法投棄を発見した場合は、直ちに警察と連携して調査をしています。

地域との連携の強化

不当投棄の多い地域の自治会・環境指導員および県・警察からなる不法投棄防止対策連絡会を設置しています。

監視カメラ・啓発看板の設置

[画像]監視カメラと啓発看板(77.5KB)

とくに不法投棄が多くみられる場所には、啓発の看板を設置するほか、夜間でも撮影できる不法投棄防止用監視カメラを設置しています。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版をご覧ください。


このページに関するお問い合わせ

環境部 環境事業センター 業務担当
電話:0467-57-0200


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(c) Chigasaki City. All rights reserved.