老齢年金の支給繰下げに係る支給開始時期の改善について


ページ番号 C1004099 更新日  平成26年10月20日


老齢年金の支給繰下げに係る支給開始時期の改善について

平成26年3月まで

 老齢年金の受給権を取得した日から5年を経過した日以後に繰下げ支給の申出があったときは申出日の翌月分から増額された年金が支給されています。

(例)70歳時点で請求することを忘れて72歳で年金の繰下げ請求をした場合、請求した翌月分から年金は支給されます。70歳から請求までの年金は受給することができません。

平成26年4月から

 平成26年4月分以降は5年を経過した日に繰下げの申出があったものとみなし、申出があったとみなす日の属する月の翌月分から増額された年金を受給できます。

(例)72歳で年金の繰下げ請求をした場合でも、70歳で繰下げ請求の申出があったものとみなし、70歳の誕生日の翌月分から年金が支給されます。改正により、70歳から72歳までの年金も受給することができます。 

(注釈) 年金の時効(5年)を経過したものに関しては受給できません。

注意点


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版をご覧ください。


このページに関するお問い合わせ

福祉部 保険年金課 年金担当
電話:0467-82-1111


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(c) Chigasaki City. All rights reserved.