療育手帳


ページ番号 C1004309 更新日  平成26年10月20日


おおむね18歳までに知的障害が認められたかたに対して、指導相談を行うとともに、知的障害者福祉法上の援護、その他各種制度を利用するために県知事が交付するものです。

療育手帳の障害程度

療育手帳の障害程度
障害の程度 判定基準
最重度 A1 (1)知能指数がおおむね20以下
(2)知能指数がおおむね21から35で身障手帳1級から3級
重度 A2 (1)知能指数がおおむね21から35
(2)知能指数がおおむね36から50で身障手帳1級から3級
中度 B1 知能指数がおおむね36から50
軽度 B2 (1)知能指数がおおむね51から70
(2)知能指数が境界線で、精神科医師によって自閉症と診断されたかた

手続きに必要なもの

新規

再判定

再交付

転入(横浜市、川崎市、相模原市および県外から)

住所変更(転入、転出、市内転居)

 療育手帳、印鑑

その他変更(氏名、保護者等)

 療育手帳、印鑑

返還(死亡、不要等)

 療育手帳、印鑑

 

注意事項

  1. 写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートルの脱帽・上半身の写真)
  2. 17歳以下は神奈川県立中央児童相談所にて判定が行われます。
    18歳以上は障害福祉課で本人の状態等の聴き取りを行い、後日、神奈川県立総合療育相談センターにて判定が行われます。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉推進担当
電話:0467-82-1111


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(c) Chigasaki City. All rights reserved.