相続税の障害者控除


ページ番号 C1004370 更新日  令和2年5月7日


対象

相続または遺贈により財産を取得した相続人が85歳未満で障害者の場合

内容

障害者控除

  1. 3級から6級の身体障害者手帳を持っているかた
  2. 障害者更生相談所・児童相談所等で知的障害の判定を受けたかた(療育手帳B1・B2)
  3. 2級・3級の精神障害者保健福祉手帳を持っているかた

 85歳に達するまでの年数に10万円を乗じた金額が相続税額から控除されます

特別障害者控除

  1. 1級・2級の身体障害者手帳を持っているかた
  2. 障害者更生相談所・児童相談所等で重度の知的障害の判定を受けたかた(療育手帳A1・A2)
  3. 1級の精神障害者保健福祉手帳を持っているかた

 85歳に達するまでの年数に20万円を乗じた金額が相続税額から控除されます

 

(注)控除不足額がある場合は、その控除不足額は適用を受ける障害者の扶養義務者の相続税額から控除されます。


このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害福祉課 障害福祉推進担当
電話:0467-82-1111


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(c) Chigasaki City. All rights reserved.