障害児(者)のためのSOSネットワーク事業


ページ番号 C1004294 更新日  平成28年3月11日


行方不明時の早期発見のために

 障害児(者)のためのSOSネットワーク事業は、障害のある人が行方不明になってしまった時に早期発見できるよう警察、関係機関、市役所が連携してネットワークを作ることで、本人の安全と家族の安心をささえるシステムです。

登録方法

行方不明になってしまう可能性がある場合、事前に障害福祉課で登録の手続き(写真2枚添付)をします。登録情報は警察と共有し、捜索時に利用します。

登録申請書のダウンロードは下記「障害児(者)のためのSOSネットワーク事業登録申請書」をダウンロードしてご覧ください。
(注)登録がない場合も、捜索は行います。

捜索方法

警察の捜索、関係機関への協力依頼、防災行政用無線の放送による周知など。

一時保護

発見後、家族が迎えに来られない時や身元が判明しない時は、市内の協力施設で一時的に保護します。

費用

無料(協力施設で一時保護となった場合は、自己負担があります)

関係機関


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版をご覧ください。


このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害福祉課 障害福祉推進担当
電話:0467-82-1111


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(c) Chigasaki City. All rights reserved.